2010年01月07日

モンサンミシェル

モンサンミシェルって素敵すぎですネ^^*
名前も響きまで素敵!リズムがいいネ♪
モンサンミシェル.jpg
posted by うし猫丸 at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財務省後任

財務省の後任人事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100106-00001086-yom-pol

菅大先生になってしまいましたネ。

悩ましい展開になってきました^^;

まぁ、就いたからには頑張って貰いたいですね!!
posted by うし猫丸 at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

民主党の本領発揮!ついにキタか!?

民主党がついに本領を発揮!

巷でもあまりの凄さに激震が走っている!!

さすが、民主党さん!!やりますな!!!信じていましたよ!!!!

ことの発端は藤末健三議員のブログ記事だった。その内容とは公開会社法の議論が進んでいるとのことだった。恐らく、いままで話題にならなかったのはこの公開会社法というものが議論されているということを報じられなかったからではないだろうか。

さて、その話題の公開会社法とはどんなものなのだろうか。彼のブログでポイントが2点まとめてある。
http://www.fujisue.net/archives/2010/01/post_3407.html#trackbacks

『1.これまでよりも、会社の規模により分別した規制をかける、ことが重要です。すなわち、上場企業は特別な規制が必要ということです。
金融証券取引法との調整・連携も必要です。

2.最近のあまりにも株主を重視しすぎた風潮に喝を入れたいです。
今回の公開会社法にて、被雇用者をガバナンスに反映させることにより、労働分配率を上げる効果も期待できます。』

@は『上場企業に特別な規制』の内容がはっきりしないのでなんとも言えないのだがなんか引っ掛かる。そして、Aに関してが巷で話題になっている。

『最近のあまりにも株主を重視しすぎた風潮に喝を入れたい』この一文だが、寧ろ日本では株主をおろそかにしていたのでは?最近、マシになったレベルでしょうが。他のブログでも指摘されているようにグーグル株は配当金が無いかわりに配当金を成長事業に投資をして、値上がり益や株価を下げない努力をしている。配当金を出す会社、出さない会社に関わらず各々の会社が株主の為に努力をしている。

それはなぜか考えたことあるか?

株式公開の本来の目的は資金調達にある。だから円滑に資金調達を進めるには投資家や株主に貢献をしなければならないのだ。そこで調達した資金は成長事業へと投資することが出来る。その投資が実れば株主だけではなく従業員にも大きく還元できるだろう。

だから彼の考え方は全くもって間違っているし、最悪の場合、日本の株式市場から資金が逃げてしまい、流動性が悪くなり資金調達が困難になってしまうのだ。

そうなると・・・。いくらでも負のスパイラルが起こることが容易に想像出来るだろう。


Q.ちなみに、会社は誰のものか?
A.株主のもの

法で決まっている。


民主党の無知さは相変わらずだが、それに加えて想像力の無さが目立ってきた。特に難しいことではないと思うが・・・。今回の法案にしても派遣法にしても弊害をちょっと妄想してみたら許容できる範囲を超えていることは容易にわかるはずなんだが・・・。

ナゾですね。本当にナゾです。
posted by うし猫丸 at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。