2010年03月19日

ザ・コーヴの監督〜イルカ漁の盗撮監督〜

和歌山県太地町のイルカ漁を盗撮してつくった作品『ザ・コーヴ』

その監督がインタビューに答えたようだ。
インタビュー記事

内容
『イルカ漁は残虐だというルイ・シホヨス監督に対して、「牛や豚は問題ないのか」との批判が以前から相次いでいた。すると、監督はFNNのインタビューで持論を展開。種差別主義であることを否定し、「牛かイルカかという問題じゃないんです。イルカは高い知能を持っている生き物なんだ」と答えた。』

また

『アウシュビッツでの虐殺と比較して、日本のイルカ漁は「私は同じ程度の人類に対する犯罪行為であると考えている」』

とまで仰っていますが^^;

パフォーマンスとは言え、過激な発言ですネ。動物保護団体はもはや動物保護なんてどうでもいいのでしょうねぇ・・・。資金集めに奔走するその姿はあまりにも醜い姿に見えます。

本当にかなしいですね。
posted by うし猫丸 at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。